【1890万件】高知安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

高知で小学校の転校手続きについて

2.png引越しする事が決まった場合、子どものいる家庭だと転校の手続きが必要となりますよね。

転校の手続きは、あちこちに走り回らなければいけませんし、必要書類も煩雑で困ることも多いと思います。
急に決まった引越しの場合は、新しい新居の住所が決まっていない時もありそうですが、ポイントをチェックしておけばそこまで苦労せずに転校手続きをとることが出来ると思います。

当サイトでは、子どもを過去に転校させたわたしが、わかりやすく手続きをする際の重要ポイントをご紹介しようと思います。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.わけあって、転居先の住所が現在決定していません。小学校の転校手続きはできるのでしょうか。

A.転校にはやむを得ずするケースもありますし、特別にOKが出るケースがあります。例としては、家庭での暴力やストーカー被害にあって家を出たいが、固定住所はまだ決められない場合です。特例が考慮されていますので、今すぐ相談してみましょう。
他にも、特認校というような小規模校があります。遠くの住まいからでも通学できる体制が整っています。

Q.転校の手続きをするにあたって、新旧の学校や教育委員会に息子も同伴したほうがいいのでしょうか。

A.転校前の学校には保護者が連絡し、関係書類の対応をした方がいいでしょう。いつ頃、転校することを児童たちに言うかなど、先生と話し合いが必要ですので、かえって子供がいると話しづらくなるでしょう。
新しい学校では先生側も子ども側も、お互いがどんな人か見ておきたいでしょうから、一緒にいきましょう。ただし何か先に伝えることがあれば担任と相談をして、事前にあいましょう。

高知の教育委員会
住所:高知市鷹匠町2丁目1番43号
電話:088-823-9479(学校教育課)

 

Q.公立→私立へは転校できる?

A.転校はできますが、通常私立の方がカリキュラムが早く進む事が多くなります。就学後に家庭でも状況の把握は必要になります。


急を要する際は仕方ないですが、特に市外区外への転校は、転校手続きだけでも数日必要になる事と思います。そして母親も父親も働いている家庭だと、必要な手続きなどが休みにしかするのが難しく、「続きは一週間後に…」なんていうこともあり、なかなか進まないこともあります。

引っ越し日の1週間前までに転出届を提出し、新しい家に住んだら2週間のうちに転入届、そしてその時に学校への届け出も済ませないといけません。

必要な道具をチェックして買ったり、時間があってもあっても足りない!となりそうですので、できれば、極力小学校の長期休みの季節に引っ越すのがベストと言えるでしょう。

夏や春、冬休み中にゆっくり焦らず手続しながら子どもの様子をしっかり見て、ケアをしていくのがいいですよ。
kobetete.png